世界の名言集

Posted by admin on 8月 27th, 2015 — Posted in フリートーク

図書館で世界の名言集に関する本を読んだのですが、これがとても面白かったです。クスッとするような言葉がたくさんあって、図書館にいるのに笑ってしまいそうになり、ここだとみんなの迷惑になると思ったので、借りて家で読むことにしました。家なら笑おうが泣こうが関係ないですからね。例えば、いい言葉だと思ったのが「明日のメンドリより、今日の卵の方が良い」というものです。これは聖職者であるトーマス・フラー氏の名言です。そのたまごを食べてしまうとそこで終わりですが、たまごを孵化させることで、毎日たまごを食べることができます。つまり、目先の欲に流されないで、資源を増やしていくことが重要だという意味です。なかなかいい言葉だと思いませんか?
また、フィリピンの諺に「酔っ払いに冗談は通じるが、寝起きの人に冗談を言ってはいけない」というのがあります。これは時と場所を選べという意味です。なかなか面白いですよね!たしかに寝起きの人には冗談は通じませんからね。私も何度かそれで失敗したことがありますし。イギリスの諺の「男はいつも嘘つきである」と「二十歳のときハンサムでなく、三十のとき強くなく、四十のとき財がなく、五十のとき賢くなけりゃ結局一生なんでもない」というのも印象に残りました。

有名ブランドのブックカバーが欲しい

Posted by admin on 8月 12th, 2015 — Posted in フリートーク

ブックカバーにこだわっている人はけっこう多いですよね。自作している人もいれば、ちょっとお高いものを使っている人もいます。最近、いいなって思っているのが有名ブランドのものです。職場の先輩が持っているのですが、とても格好いいので真似したくなりました。ちなみに先輩が使っているのはルイヴィトンです。そもそもルイヴィトンから発売されているなんて知りませんでした。みなさんも見たらきっと格好いいと思うはずです!セレブな人とか本へのこだわりが強い人が使ってそうな印象を受けます。お値段も凄いけどね。普通に財布とかバッグを買えてしまう金額です。
私が目をつけているのはシャネルのブックカバーです。ルイヴィトンもいいと思いますが、先輩とかぶってしまうので違うブランドにしようと思います。シャネルもオシャレで素敵ですよ!持っていると注目を集めるはずです。ただ、お値段がやっぱり高いので、もし最悪シャネルが駄目だった場合、バーバリーのブックカバーにする予定です。バーバリーならそこまで高くなく、手ごろな価格で買えます。シャネルになるかバーバリーになるかはこれからの私の頑張り次第ですね!どこまで節約してお金を貯められるのかが勝負になります!

友達からのSOS

Posted by admin on 7月 27th, 2015 — Posted in フリートーク

先日、友達から「たすけて」というメールがきて驚きました。いたずらでこんなメールを送るようなタイプではないので、本当にヤバいことが起きたんだと思って、すぐに家まで行きました。色々、最悪なことを考えてしまいましたが、チャイムを押したら普通に出てきて拍子抜けしました。でも、話を聞くと本当に死にそうになったみたいです。そもそもの発端はガムです。どうしても読みたい小説があって、眠気覚ましにガムを噛みながら読書を始めたそうですが、気づいたらそのまま寝てしまったみたいです。するとガムが喉に詰まり、苦しくて目を覚まして、私にメールを送ったと言っていました。「普通そういった時って救急車じゃない?」と言ったら、あまりにもパニックになって番号が出なかったみたいです。私も同じ状況になったらそうなるのかな。なんにせよ無事で良かったですよ。私もガムを噛みながら寝てしまうことがあるので、気をつけないと駄目ですね。
そして、安否が分かったので帰ろうと思ったら、もうバスも電車も無かったので、そのまま友達の家に泊まりました。小説をたくさん持っている友達なので暇はしなかったです。心配してきてくれたお礼ということで、お寿司も奢ってもらえたし、なんだかんだいい一日になりました。

心からスカッとする作品

Posted by admin on 7月 11th, 2015 — Posted in フリートーク

たまに気持ちがモヤモヤして嫌な時がありますよね。そんな時はいつもスカッとする作品を読むようにしています。例えば、悪いやつが正義のヒーローに倒されるような分かりやすい王道タイプの作品です。こういった小説を読んでいるとモヤモヤした気持ちがなくなってすっきりします。逆にもっとモヤモヤしてしまいそうになるのが推理系ですね。最後にしっかりと犯人が分かる内容ならいいですが、たまに曖昧に終わってしまうものもあります。そういった本だと「結局誰が犯人だったの?」ともっとモヤモヤします。だから、なるべくそういった気持ちの時は推理系は避けるようにしています。分かりやすい推理系ならスッキリできるんだけどね。
その時の気分を変えてくれる本はたくさんあります。緊張している時に落ち着かせてくれる小説もあれば、悲しい時に元気づけてくれるものもありますし、寂しい時に温かい気持ちにさせてくれるものもあるので、本当に小説っていいですよね。自分の趣味が読書で良かったといつも思います。最近は友達に勧められて、自己啓発とかの本も読むようになりましたが、なんだかんだ小説を読む時間の方が長いです。多分、これからもそれは変わらないかもしれません。

絵本を書いている友達

Posted by admin on 6月 25th, 2015 — Posted in フリートーク

絵本なんて子供が読むもの!と思っていた時もありました。しかし、今は違います。大人が読んで共感するようなものや感動するものなどがたくさんあります。現代の作品は昔に比べるとやや大人向けに作られているような気がするのは私だけでしょうか?どうしていきなり、絵本の話をしたのかというと、友達が絵本作りを始めたからです。ちなみにプロではなく、ただど素人です。ただ趣味で書き始めたみたいで、先日家に遊びに行った時に読ませてもらいました。お世辞にも絵が上手いとはいえませんでしたが、内容的には良かったです。ちょっと感動しましたし!素人でも頑張ればこんなにいい話が作れると初めて知りました。
そんなことがあったので、私も真似して作っています。でも、最初のストーリーで既に躓いてます。全くどんな内容にすれば、思いつきません。作る前はこういった話にしようかなとかあんな感じにしようかなとか色々考えていたのですが、いざちゃんとやり出すと書けないです。ただし、絵は確実に友達に上手いと思います!友達に話を作ってもらって、絵を私が書けばそれなりの絵本になると思うので、今度会った時に提案してみます。それをコンクールに応募すれば、もしかするとメジャーデビューなんてこともあるかもしれませんね。

手紙のありがたさ

Posted by admin on 6月 10th, 2015 — Posted in フリートーク

めっきり手紙を書く機会が減りました。今や連絡手段はメールです。早いし、楽だし、メールの方が手紙よりも何倍も便利です。ただ、手紙には温もりが感じられるという魅力があります。それを先日、あらためて実感しました。郵便受けを見てみると一通の手紙が入っていて、差出人は幼馴染でした。内容は結婚の報告と近況報告です。お互い連絡先を知らなかったので、こういった形でまた連絡を取れるなんて思いませんでした。住所は実家に連絡をして、確認したみたいです。それからはあえて手紙でやりとりをしましたが、これがとても楽しかったです。今でも頻繁に送りあって連絡を取っています。
世の中が便利になっていく一方で、大事なものを何か忘れてしまいそうになります。小説だって同じです。以前は紙で読むしかありませんでしたが、今は電子書籍があるので、パソコンやスマホで読めてしまいます。便利なんですが、抵抗を感じている人の気持ちも理解できます。紙の方が感情移入しやすいところはあります。どっちがいいとは一概にいえませんが、昔からあるものには何かしら魅力が詰まっているので、時と場合に応じて上手く使い分けた方がいいかもしれません。好きな人に告白するのもメールより断然ラブレターの方がキュンとくるしね。

たまには読書以外のこともしないとね

Posted by admin on 5月 26th, 2015 — Posted in フリートーク

趣味が読書だと外出する機会が少なくなります。仕事が終わって帰宅したらすぐに小説を手に取り、休日も読みかけの本をいつの間にか持っています。この読書の時間が私にとってとても幸せなのですが、たまには外に出ないといけないと思うことがあります。それは体重が増えてきた時です。人間の体は正直、体を動かさないと体重が増えていきます。子供の頃はそんなに気にしませんでしたが、大人になると簡単に太るようになってしまうので、休みの日を利用してたまにスポーツに明け暮れることもあります。時には読書から離れるのもいいものです。一日でも離れると小説を読みたいという欲求が高まり、何気ない読書が特別なものになります。
スポーツをする時はいつも友達を誘って、テニスやバドミントンをしています。天気がいい日はテニス、悪い時はバドミントンという感じです。私にはラケット競技が向いているようで、他のスポーツよりもこういったものの方が得意です。ジョギングをしていた時期もありましたが、私には一人で黙々と走るというのが合いませんでした。途中でどうして走ってるんだろう?という疑問を抱いてしまいます。多分、孤独に耐えられないんでしょうね。読書は全然いんだけど。

どちらにしようかなの続きは地域で違う?

Posted by admin on 5月 11th, 2015 — Posted in 携帯で官能

子供の頃、よくものを選ぶ時に「どちらにしようかな、天の神様の言う通り」って言っていませんでしたか?私もこのフレーズを使っていましたが、どうやら地域によってだいぶ言葉が違うようですね。違う部分は「天の神様の言う通り」以降の言葉です。調べてみると北海道だと「なのなのなすびの柿の種」とか「なのなのなすびが焼けたかな、あかとんぼ、しろとんぼ」、東京都だと「なのなのな、柿の種、猫のしっぽだよ」、長野県だと「鉄砲撃ってバンバンバン、もひとつうってバンバンバン」、大阪府だと「あぷっぷの、あ・ぷ・ぷ」とかいうようです。地域でここまで違うとは知りませんでした。
どうしてこんなことを調べようと思ったのかというと、携帯小説を読んでいてちょうど言葉が出てきたからです。その時に「あれ?私の時と違う」と思って気になったのが始まりです。友達になんて言っていたのか聞いてみるとやっぱり、出身地でだいぶ違いました。子供の頃の遊びって地域で違うので面白いですよね。トランプの大富豪(大貧民)も同じようにルールが違いますし。知らないルールに何度戸惑ったことか。でも、どうして同じ遊びなのにルールとか言い方が変わってしまうのか不思議です。何か理由があるのかな。

そろそろパソコンが限界かも

Posted by admin on 4月 27th, 2015 — Posted in フリートーク

私の今の悩みはパソコンです。調子が悪いようで、物凄く重たいんですよね。起動するまでにかなりの時間がかかるし、ネットも遅いです。それにメモ帳をひとつ開くだけでフリーズしそうになります。そして、一番気になるのは音です。ファンの音が大きいので、触っている時に不安になります。これって故障の前兆でしょうか?あまりパソコンに詳しくないのでよく分かりません。ネットで調べてみたらホコリがたまっているとか、寿命とか色々な情報が出てきますが、どれが原因なのか分からないです。こういった時、もっと詳しければなって思います。
正直、パソコンが壊れてしまったら私生活に思い切り影響が出ます。まず、電子書籍が読めなくなります。スマホでも読めますが、画面が小さいので、なんだかんだ長時間読むならパソコンの方が読みやすいです。それに調べ物もできなくなるし、音楽も聴けなくなります。かなりの大打撃なので、早めに買い替えようかなとも考えています。でも、家電量販店に行ってもどれがいいのか分からないので、結局買えないことが多いです。どれも同じに見えてしまうので。詳しい人なら「これはここが優れている」とか「これはちょっとな」とか色々思えるのかもしれませんが、私の場合は特別なことに使用しないのであんまりこだわりがないです。だから余計に買い替えづらいんですよね。

シワのできる場所

Posted by admin on 4月 12th, 2015 — Posted in フリートーク

歳をとることを嫌がる女性は少なくないと思います。でも私はこう思うようにしています。シワの数の分だけ嬉しい事悲しい事を乗り越えてきたんだと。シワは決して表面だけではないと思うのです。心にもシワができると思うのです。人生数ある難を乗り越え傷つき喜び、強くなり大人になる、その分だけ心の中にもシワがある、私はそう思っています。いわば勲章の様なものだと。まぁ確かに嬉しい響きではないですが、シワの数だけ生きてきたと思えばそれも愛嬌です。こればっかりは遅かれ早かれ誰にでもでてくるもんで、歳相応の見た目であれば良いんじゃないかと思うんです。それでも、シワを減らすよう、又は軽減できるよう些細な努力はしています。化粧水はたっぷり使って保湿は欠かさないとか、時間のあるときを見つけてはテレビを見ながら、本を読みながらパックをしたみたり、なるべく湯船に浸かるようにしたりと普段から心がけれる事は頑張っています。翌日お肌の調子が良いと気分も良いですし、お化粧のりも良くって嬉しくなるし一石二鳥です。表面に出てくるシワは少ない方がいいけれど、内側に出来る経験のシワはたくさんあればあるほどいいかなとも思います。たくさん色んな事を経験して立派なおばぁちゃんになるのが夢ですから。